犬を持つ少女
キティハグ
セピア
眠っている犬
パグの子犬と少年
子猫
公園で犬ウォーカー
TUCAN
赤目カエル
犬と獣医
彼女の犬を抱きガール
ブルーカメレオン
スネークスキン
水族館での少女
カエルの開催
灰色の猫
ふれあい動物園でトラ
毛皮のタランチュラ
カメ
獣医
キティの愛
赤ちゃんファームバニー
女抱き犬
ラブバード
ハムスター
狐
フレンチ・ブルドッグ
アーバンアウトドアを楽しみます
在宅勤務

ALOHA,OHANA

Alohaは「こんにちは」、Ohanaは「家族」という意味です。

 近年、ペットは可愛がるだけではなく一緒に暮らすライフパートナーとしてかけがえのない存在となってきています。

 彼らを「Ohana」として受け入れていらっしゃる飼い主様のお力になれれるように、精一杯努めていきたいと思っています。

 また、私自身も家族の支えがあってここまで来ることができ、とても感謝しています。

        この想いから、

​アロハオハナ動物病院

かもがわ公園小動物クリニック

                      と名付けました。

 

OUR

SERVICES

健康診断

ペットドックのような定期的な健康診断をお勧めしています。

猫、エキゾチックアニマル、小型犬専門

大きなワンちゃんは苦手という方でも、安心して受診していただけます。

哺乳類、鳥類(猛禽類含む)、爬虫類、両生類、魚類なども診療しております。

エキゾチックアニマル夜間救急診療部

小型犬・猫についても一次救急施設として、循環器、泌尿器、神経疾患などに対処しています。別途、時間外料金がかかります。

 
動物病院
キャットフレンドリー
猫に優しい診療を心掛けています。
 

 

モーニングドロップオフ・送迎

 

通常診療時間よりも早くお預かりし必要な処置を行なうことができます。お車のない方は送迎応需。

ワクチン接種・マイクロチップ

 

予防医療、先制医療を有効に活用しましょう。個体識別は災害時に効果的です。

外科手術

 

一般的な外科手術を行なっています。(整形外科は行なっておりません) 

デンタルケア

犬猫だけでなく、ウサギ、げっ歯類などでも、歯科疾患は大きな問題です。

肥満/シニアクリニック
肥満自身が病気で、多くの問題も引き起こします。一緒に減量に取り組みましょう。
介護方法・用品の相談会随時実施中。デイサービス・レスパイト入院も承ります。
 

 

他にも
飼育マナー向上、殺処分頭数の抑制、
救急事故の予防啓蒙活動、震災対策
 

 

 

KEEP

IN TOUCH

爬虫類の繁殖(2)

愛知県豊田市東山町2-3-12

Email: alohaohana18@zm.commufa.jp
Tel:  0565-79-2998

OUR ADDRESS

8:00 AM ~正午(受付11:30まで) 

4:00 PM~9:00(受付8:30まで)PM

 

月曜日~日曜日、祝祭日

 

休診日:水曜日

OPENING HOURS
CONTACT US                       ※お返事までにかなり時間を要しますので、LINEかお電話でご連絡をお願いいたします。
 

ABOUT

OUR CLINIC

~当院への受診を検討されているみなさまへ~

数ある動物病院の中で、みなさまの貴重なお時間、精神的、経済的なご負担を考え、当院への受診をご検討中の方に是非ご一読いただきたい内容でございます。

 

初診の方向けに、受診を決めて頂く際の参考になればと、書かせて頂こうと思います。

 

①まず獣医師の人柄について

 

いわゆる【二コニコ笑顔の優しい動物のお医者さん】をご想像されていると、がっかりされると思います。限られた診療時間の中で色々とお伝えしたいのですが、お恥ずかしながら口下手で、なかなかうまくお伝えできないこともあるかと思います。そんな時はどうぞご遠慮なく、お気軽にご質問を頂けると幸いです。

飼育環境、お食事などについても改善して頂きたい点がある場合には、不快に思われる方がいらっしゃるかもしれませんが、正直にお話をさせていただきます。

 

 

②次に診療方針ですが

 

みなさまの大切なペットが病気から回復するには、その子本人のもつ治癒力に、飼い主のみなさまのケア、そして私たちが提供させていただく獣医療のサポートを加え、三位一体となり病気に立ち向かうというのが理想です。飼い主様が動物、獣医療に対して関心を広げることはペットに最適な環境を与えることにもなり、当院では治療、予防を通じて、ご家族のみなさまが幸せになるためのお手伝いをさせていただきたいと思っております。

 

 

当院では、飼い主さまにまず問診で色々なことをお伺いし、その子の状態を診せて頂いた上で(動物の種類、状態によっては触れることがストレスで危険な状態になる場合もあるため触診を控える場合もあります)

必要に応じて、検査をご提案させて頂き、検査内容、費用などにご納得頂いた上で、検査を行わせていただきます。

※当院で救急、重症の場合は、獣医師一人でゆっくりとご家族にご説明、了解を取りながら、同時に救命措置を行うことは困難です。(時間が勝負となり、命が最優先ですので、処置の詳細、費用、毛を刈らせていただくことなど)事前にすべてをお伝えすることが出来かねますので、ご不安な方はスタッフの人員が潤沢に確保されている他院様を受診されてください。

 

 

そしてその結果をもとに、病気の状況、今後の治療の方針をご説明させて頂きます。治療方針がいくつかある場合や、入院や手術についても、決してこちらがそれを強制することはなく、メリット、リスク、デメリットなどをしっかりお伝えしながら、飼い主さまに選択をして頂いております。

 

このご説明の際、特に、寿命の短い動物さんたちを家族の一員とされている方々には、検査、治療、手術どれをとっても、不安がつきまとうと思います。家族の一員である、愛するペットの余命など考えたくない、そういう話に触れてほしくないというお気持ちも、重々承知の上ではございますが、当院では、その子に残された時間も視野にいれ、最期を迎える時まで、どう安楽に過ごしてもらえるかをご家族みなさまで相談して頂き、後悔のないようにと、決断をして頂いております。

 

みなさまには、安心できる明るいお話ばかり出来たら一番ですが、残念ながら寿命の短い動物さんたちが病院に来られるような症状が出ている場合は、不安でつらいお話をしなければいけないことが多くなってしまうことも実情です。

つらい現実にはなりますが、それを受け止めていただいた上で、ご家族のみなさまで決断された方針(治療するもしないも、手術するもしないも)がその子にとっても最善として、当院もご相談、治療にあたらせていただきます。

獣医で

Success! Message received.