の動物病院において、

獣医学的

「獣医師です。」

東京オリンピックの年、辰年生まれ、天秤座のO型、愛知県名古屋市に生まれ、高校生まで豊田市で育ちました。

(でも名古屋弁はしゃべれーせんがねぇ~)

幼いときから、動物が大好きでした。

名古屋には東山動物園がありましたので、よく連れて行ってもらいました。

身近な動物といえば、豊田では近所で捕まえた昆虫、魚、カメなどでした。

昆虫博士といってもいいくらい、没頭していました。

「ドリトル先生」が好きで、よく読んでいました。

小学生のときに、犬を飼ってもらいました。フィラリア症で亡くなりました。

いつもは玄関の土間にいましたが、最期は廊下まで上がっており、

その姿は今でも脳裏に焼き付いています。

当時は、フィラリア予防ということができず、多くのワンちゃんが命を落としていたのでしょう。

 

北里大学獣医畜産学部を卒業後、大学院で獣医学を専攻し、獣医学修士号を取得しました。

学生時代は青森県民でした。

母校の豊田北高校で理科教諭の教育実習をさせていただきました。

名古屋市東山動物園で施設実習をさせていただきました。

 

卒業後は、関東に住み、動物病院で勤務したり、専門学校で講師をしたりしていました。

 

犬猫から各種エキゾチックアニマルの診療をすべく、

2001年9月、東京ディズニーシー開園のとき、千葉県に開業しました。

獣医師になるために大学に入学したときには、動物園獣医師の希望でした。しかし、犬猫以外の動物も診療できるようになりたいという、当初の夢は、開業という形で叶えられ、それが強味となっています。

 

診療症例TOP10は犬・猫・カメ・トカゲ・チンチラ・鳥・モルモット・フクロモモンガ・ハリネズミ・カエルでした。

 

個体の治癒力、飼い主様の手当て(ハンドパワー)、獣医療サポートの三位一体化を目指しています。

 

経験+検査+文献(エビデンス)=治療方法という方針で、

少しでも、健康な状態を取り戻せるようなお手伝いをさせていただきたいと思っています。

 

ドリトル先生免許皆伝で、いろいろな動物をケア、サポートしていきたいと思っています。

 

旅行が大好きで、とくにトロピカルなところが大好きです。

ニューカレドニア、カリブ、カリフォルニア、フロリダ、グアムには行ったことがありますが、まだ、ハワイには行ったことがありません。

 

ここのところは旅行には行けなくなってしまったのが、とても残念です。

これからは国内旅行がいいかもしれません。奈良、京都は最近とくに、訪れたい場所ですね。

年を取って趣向が変わってきました。

 

 

趣味は、動物フィギュア収集と映画・ドラマのエキストラ出演です(でした)。

現場で、佐藤浩一さんにお会いしてからは、すっかり魅了されてしまいました。

佐藤さんのような役者さんになれるように、研鑽していきます!(って、違うか!)

 

動物園にいるような動物が好きで、以前はよく動物園や水族館に行っていました。

しかし、最近はめっきり行かなくなってしまいました。

その代わりに、フィギュアで満足させているといったところかもしれません。

たまに行くと、やっぱりワクワク興奮します。

最近は、アニマルプラネットやナショジオでも、その欲求不満を解消しています。

 

御多分に漏れず、趣味は読書と映画・音楽鑑賞です。

 

読書は動物もの、自己啓発本、経営学などのものも読みますが、

圧倒的に洋書の獣医学専門書ですね。

 

最近感じているのは、読書をしている女性の姿が魅力的に見えることです。

若いときには感じなかったんですけどね。

 

音楽も大好きでジョンレノン、福山雅治、ミスチルからAKB48まで広く聴いていて、

「ヒトカラ」で盛り上がっていました。最近は以前のように声が出なくなり、めっきりご無沙汰です。

 

 

最近のマイブームはなくなってしまったので、探しています!

 

もう年をとってきたので、夜間緊急診療が立て続くと、死にそうな顔で診療しています。

 

この地域にも早くちゃんとした24時間診療の動物病院ができて欲しいと願っているのは、

飼い主様以上かもしれません。

 

それまでは、体力の続く限り頑張ります。

 

よろしくお願い申し上げます。

 

 

【プロフィール】

動物病院の住所:愛知県豊田市東山町2-3-12

電    話  :0565-79-2998

 

駐 車 場  :現在4台分のスペース

 

 

開設年月日:2018年3月23日

 

獣医師              1名

動物看護師            1名

 

 

 

【開業年(2001年)のできごと】

 

・東京ディズニーシーグランドオープン

 

・ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)オープン

 

・国内初の狂牛病発生

 

・JR東日本の「Suica」登場

 

・アメリカ同時多発テロ事件

 

・流行語 「聖域なき改革」「明日があるさ」

 

・『ハリーポッター』ベストセラー

 

・宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」が年間売上1位

 

・テレビではTBS「ビューティフルライフ」が最高視聴率41.3%を記録

 

・邦画では宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」が興業収入304億円でトップ

 

・洋画ではスティーヴン・スピルバーグ「A.I.」がトップ

なケア(診療・看護)の提供を行ないます。

 

ペット(コンパニオンアニマル、伴侶動物ともいいます)が病気から回復するには、

個体自身のもつ治癒力の上に、

その飼い主様による手当てを重ねていくことがもっとも大切だと考えています。

 

そして、私たちにより提供させていただく獣医療のサポートを加え、

それらが三位一体になって病気に立ち向かうのが理想的です。

 

ペットは近年コンパニオンアニマルともいわれ、

「愛玩動物」として可愛がるだけの存在ではなくなってきています。

 

最近では「ライフパートナー」としての認識が強くなってきています。

 

そのペットたちが健康でいることは、飼い主様方の健康にもつながります。

また、飼い主様が動物、獣医療に対して関心を広げることは、

ペットに最適な環境を与えることにもなります。

 

当院では動物の治療、予防を通じて、

人が幸せになるためのトータルペットケアサービスを提供させていただきます。

ちは、獣医療サービスとしての動物病院において、

獣医学的なケア(診療・看護)の提供を行ないます。

 

ペット(コンパニオンアニマル、伴侶動物ともいいます)が病気から回復するには、

個体自身のもつ治癒力の上に、

その飼い主様による手当てを重ねていくことがもっとも大切だと考えています。

 

そして、私たちにより提供させていただく獣医療のサポートを加え、

それらが三位一体になって病気に立ち向かうのが理想的です。

 

ペットは近年コンパニオンアニマルともいわれ、

「愛玩動物」として可愛がるだけの存在ではなくなってきています。

 

最近では「ライフパートナー」としての認識が強くなってきています。

 

そのペットたちが健康でいることは、飼い主様方の健康にもつながります。

また、飼い主様が動物、獣医療に対して関心を広げることは、

ペットに最適な環境を与えることにもなります。

 

当院では動物の治療、予防を通じて、

人が幸せになるためのトータルペットケアサービスを提供させていただきます。

© 2023 by The Animal Clinic. Proudly created with Wix.com

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon